車を使っている人で、時にしてしまうバッテリー上がりやキー閉じ込みという"うっかりミス” ・・・ってありますよね。そんな時に多くの人が思い浮かべるロードサービスがJAFですよね。しかし、自動車保険会社も様々なサービスを提供しています。では両社の違いをご紹介します!
ロードサービス
 
【自動車保険ガイド】違いは? JAFと保険会社の「ロードサービス」  
夏休みが近付いてきたドライバーも多いのでは? 普段よりも車を使う機会が多くなりがちなこの時期は、「バッテリー上がり」や「キー閉じ込み」といった“うっかりミス”によるロードサービスの稼働が増加。ロードサービスといえば、JAF(日本自動車連盟)を思い浮かべるドライバーが多いかもしれないが、自動車保険会社も提供している。自分にとってはどちらが便利なのか? 両者の違いから考えてみよう。
 JAFと保険会社のロードサービスの大きな違いは「対象」だ。JAFは、年会費を支払っている会員に対し、回数の制限なくサービスを提供するシステム。つまり「人」を対象にしている。一方、保険会社のロードサービスは、加入している自動車保険に付帯するもの。対象となるのは「被保険自動車」だ。例えば、他人の車を運転していてトラブルに遭った場合、自身が加入している保険のロードサービスは基本的には受けられないが、JAF会員としてのロードサービスは受けられるということになる。
 もともと日本のロードサービス事業はJAF独占の形がとられ、損保が同サービスの展開をスタートさせたのは90年代後半からと、歴史はやや浅い。そのため、損保が実施しているロードサービスのカバー範囲について、正確な知識を持たないドライバーもいるだろう。両者のサポート内容の重複がないか、自分に合っているロードサービスの形はどんなものかなど、今一度、契約内容を見直してみてはどうだろう。  
 
JAFは「人」を対象、保険会社は「被保険自動車」が対象。何かあればJAFと思っていたが、両社のサポート内容の重複がないか、契約内容を確認するべきですね!やはり、いちいち面倒でも、確認一つで損得・便利不便が出るのでやるべきですね!

SponsoredLink

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...