お盆の時期になりましたね。車の事故も増えて、帰省中の大惨事には注意が必要。
帰省中に、親や友達の車を運転する機会もありますが、その際の事故って意外に多いものです。
では、どう対処したらいいのでしょうか。ちょっと調べてみました。
ちょいのり保険

マイナビニュースの記事から、 

他人のクルマを運転して事故を起こしたときの自動車保険はどうなる?

夏休みに帰省をしたり、レジャーなどで、親兄弟や友人の自動車を借りて運転することがあります。

他人のクルマを借りて運転しているときに対人・対物等の事故が起きた場合は、クルマの持ち主が入っている任意保険で補償することができます。しかし、その保険から保険金を受け取ると等級が下がり、保険料がアップして持ち主に迷惑をかけてしまいかねません。

また、その保険に「本人・配偶者限定特約」などが付いている場合は、持ち主の保険では補償されません。

自分がクルマを持っていれば、入っている任意保険に自動付帯されている「他車運転危険担保特約」を使うことで、借りて運転中の対人・対物等の事故も自分の保険で補償されます。

では、クルマを持っていない人が他人のクルマを借りて運転中に起きるかもしれない対人・対物等の事故には、どのように備えればよいでしょうか?

1日の保険料が500円~1,000円の"超短期自動車保険"に入る!

持ち主の任意保険を使って保険料負担が増える迷惑をかけないようにしたり、自分が持ち主の任意保険の対象外になっている場合は、"超短期自動車保険"への加入がおすすめです。

最短1日の保険で7日まで加入することができる"超短期自動車保険"は、NTTドコモや東京海上日動火災保険が提供しています。

補償内容/保険料相当額

補償の内容はいずれもほぼ同じ内容です。

申し込みは、NTTドコモの「1日自動車保険」はドコモの携帯電話はスマートフォンから、東京海上日動の「ちょいのり保険」は、ドコモ、au、ソフトバンクの携帯電話やスマートフォンから簡単に行うことができ、電話代・通信代と一緒に保険料を支払うことができるので手間がかかりません。

休日の万が一の事態に、このような保険で備える方法もあります。

ドコモの自動車保険なんてあるんですね。私も、1日500円なら私も使いたいです。

SponsoredLink

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...