リーフ日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン 以下「日産」)は、株式会社損害保険ジャパン(本社:東京都新宿区、社長:櫻田謙悟 以下「損保ジャパン」)が提供する新自動車保険向けに、「日産リーフ」のプローブ情報の外部提供を開始します。 日産では、「日産リーフ」のプローブ情報を積極的に活用することにより、お客さまの役に立つ新しいサービスを提供する取組みを進めていますが、同社が企業向けビジネスとしてプローブ情報を提供するのは今回が初めてです。

日産は、「日産リーフ」のお客さまとのカーウイングス契約に基づき、「日産リーフ」のEV専用情報通信システムを通じて日産カーウイングスデータセンターに収集される、位置*2、走行距離などのプローブ情報を編集・加工し、ご契約者の同意のもと、損保ジャパンへ提供します。PAYD(Pay As You Drive:走行距離連動型保険)や、PHYD(Pay How You Drive:運転行動連動型保険)と呼ばれる走行距離や運転行動と連動したUBI(Usage Based Insurance:利用ベース保険)等、新しい自動車保険への関心は高まっており、「日産リーフ」のプローブ情報を活用することで、走行距離に応じた合理的な保険料金を設定できるほか、エコ・安全運転診断等の走行概要のフィードバックや盗難追跡サービスなどの付帯サービスの提供が可能になります。

損保ジャパンは、提供されたプローブ情報を個人向け自動車保険「ドラログ」(2013年5月募集開始、2013年7月1日保険責任契約開始)において、活用します。

同社は、これまでも「デイリー更新型充電スポット情報の提供」(2012年4月実施)や、高精度バッテリー残量予測&実績サービス」(2012年7月実施)等、日産カーウイングスデータセンターで収集されるプローブ情報を活用したサービスを提供してきました。

「日産リーフ」では、車載のデータ通信モジュール(TCU)*3を介して日産カーウイングスデータセンターと常時接続することで、各種ドライビングサポート機能や、オーナー向けウェブサイトを通じたEV運転履歴の確認、バッテリー状態の管理、エアコンの遠隔操作、航続可能距離や充電スポットを確認しながらのドライブ計画作成など、EVならではのすぐれたサポート機能を利用することができます。

同社は、今後も「日産リーフ」と日産カーウイングスデータセンターが常時通信することによって得られるプローブ情報を活用し、オーナーの皆さまに新しい価値を提供するサービスを増やしていく予定です。

SponsoredLink

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...