4月契約から商品改定を実施
三井ダイレクト損害保険株式会社は、自動車保険(バイク保険およびドライバー保険を含む)の改定を2013年4月1日以降始期契約から実施することを発表した。

三井ダイレクト損保の商品は、見積もりから支払いまで、インターネット上で24時間・365日、いつでも手続きをすることが可能である。自動車事故などのロードサービスも24時間・365日対応している。
三井ダイレクト

公平な保険料負担を目指して
三井ダイレクト損保では、より公平な保険料負担を目指し、等級別料率制度の改定を行う。その他の改定としては、直近の事故発生状況などをふまえた保険料水準を見直し、契約者の利便の向上を目的とした改定などを実施する。

今回、三井ダイレクト損保では、公平な保険料負担を目指し、等級別料率制度の改定を行う。これまでの等級別料率制度では、事故の発生に関係なく、同じ等級であれば同じ割増引率であったので、無事故だった顧客の保険料負担が大きくなっていた。

改定後の等級別料率制度では、「等級すえおき事故」を廃止し、「1等級ダウン事故」とするとして(一部の事故は「3等級ダウン事故」、これまでは同じ等級であれば同一であった等級別割増引率を、同じ等級であっても事故があった顧客と無事故の顧客で異なる割増引率となる。

SponsoredLink

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...