JA共済と契約を締結、優遇サービス開始
4月24日、JAF(一般社団法人 日本自動車連盟)は、JA共済(全国共済農業協同組合連合会)と契約の締結を行い、JA共済の自動車共済に加入しているJAF会員に対して、優遇サービスが4月から開始されたことを発表した。
JA


通常の会員サービスにプラスαの優遇サービスが適用
優遇サービスとしては、JAF会員がJAFのロードサービスを利用する場合に、加入している自動車保険付帯サービスの対象の範囲外である場合でも救援対応が行われる。JAFでは、保険会社と契約の締結を進め、JAF会員無料サービスの範囲を超えた場合であっても、プラスαの優遇サービスを受けられるように取り組んでいる。今回、JA共済との契約の締結でJAF会員のサービスと組み合わせた優遇サービスは、ロードサービスの追加作業料金は4000円までが無料となり、牽引距離は45kmまで無料となった。

現在、JAFが契約している保険会社は、JA共済のほか、東京海上日動火災保険株式会社・日本興亜損害保険株式会社・三井住友海上火災保険株式会社・株式会社損害保険ジャパン・あいおいニッセイ同和損害保険株式会社・共栄火災海上保険株式会社・日新火災海上保険株式会社・富士火災海上保険株式会社・セゾン自動車火災保険株式会社・AIU保険会社であり、契約先は11社となった。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

SponsoredLink

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...