損保ジャパン損保ジャパンと日本興亜損保は、埼玉県警察本部と連携し、
4月5日から自動車運転者向けスマートフォンアプリ
「Safety Sight(セーフティサイト)」「Safety マイル」の利用を通じて、
楽しみながら安全運転を実践できる交通安全運動キャンペーンを実施する。

 両社は、これまでに「Safety Sight」で全国の警察が推進する交通標語を音声で通知するなど、安全運転を支援する取り組みを行ってきたが、今回「Safety マイル」に埼玉県警が作成したクイズで、楽しみながら安全運転の知識を得ることができる機能を追加した。
 
 また、「Safety Sight」の運転診断機能で高い評価を獲得した人に、マイル(ポイント)を通常の3倍提供するキャンペーンなどを実施。この取り組みは、春の全国交通安全運動(4月6日~15日)にあわせて実施するもので、両アプリととも契約者以外でも無料で利用できる。
◆交通安全運動キャンペーンの概要
(1)安全運転クイズ(4月5日~、埼玉県内)
 「Safety マイル」を起動した状態で、県内のレジャー施設や高速のPA・SAなどでチェックインすると、「Q. 前車と安全な車間距離を保つために最低必要な時間は何秒以上でしょうか?」など、埼玉県警が作成した安全運転に関連したクイズ(2択形式)を出題する。クイズに答えるとプレゼントへの応募に利用できるマイルを獲得できる。
※チェックインとは、自分の現在地を友だちに知らせたり、周辺店舗のクーポンを取得するために、ウェブサイトやアプリで自分の今いる施設や場所を登録すること。
(2)安全運転マイル3倍キャンペーン(4月5日~15日、全国)
 期間中、「Safety Sight」の安全運転診断機能で、高い評価(SまたはAランク)を獲得した人に、通常の3倍のマイルを提供する。
※10キロ走行してA評価の場合、450マイル獲得(通常は150マイル)。
(3)埼玉県・道の駅スタンプラリー(4月5日~6月30日、埼玉県内)
 「Safety マイル」を起動した状態で、期間中、埼玉県内の「道の駅」でチェックインすると、ボーナスマイルを獲得できるスタンプラリーを実施。
(4)「目が覚める」音声ドラマもれなくプレゼント(4月5日~、全国)
 ドライブでも楽しめる、「目が覚める」オリジナル音声ドラマを応募者全員にプレゼントする。音声ドラマは毎週1本、合計12本追加予定(制作:大分放送)。音声ドラマは「Safety マイル」からダウンロードできる。

SponsoredLink

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...