自動車保険ニュース
 免許は持っているが、車は所持していない。

そんな人も、レンタカーを借りて出かけたり、友人とのドライブで運転を代わるなど、車を運転する機会はいろいろ考えられる。

そんなときに加入していると安心できる自動車保険が、「ドライバー保険」だ。



利用シーンを考えて、納得のいく自動車保険を探そう

 通常、自動車保険は“車”に対してかけられる。一方ドライバー保険は、“人”に対してかけられる保険。借用自動車を運転して事故に遭った際に適用され、対人賠償・対物賠償・搭乗者傷害が主な補償内容だ。ちなみに“借用自動車”とは、レンタカーや他人の車を指すため、同居の親族が所有する車を運転して起きた事故には適用されない。そのほか、業務中の事故も対象外で、運転者年齢条件の設定は「21歳未満不担保」か「21歳以上」のみとなっている。

 ドライバー保険のメリットは、借りた車の自動車保険が使えない場合に使用できるところだろう。例えば、友人の車を運転して事故を起こしたが、その車には「運転者家族限定特約」がついていたため、保険が適用されないといったケースにも使うことができる。また、保険を使えたとしても、保険料に影響する等級がダウンするため、貸してくれた相手の自動車保険は使いたくないという人にとっても役立つといえる。

 基本的に、ドライバー保険は通常の自動車保険と切り離して考えられるため、ドライバー保険の等級が上がったからといって、その後、車を所有し、自動車保険に加入する際にその等級を反映させることはできない。ただし、ドライバー保険が9等級以上の場合は、新規に自動車保険に加入する際スタートの等級が6等級ではなく、7等級となる保険会社もある。将来、車を持つ予定のある人は、こうしたことも知っておくといいだろう。

自動車保険の選び方は、こちらから 

SponsoredLink

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...